書評(営業 著者 冨田和成)新社会人にオススメ

 

 

 新規営業を始めてしてた時に、役に立った本です。この本は、仕事への取り組み方も勉強になります。何故なら売上など数字にこだわった仕事への取り組みを教えてくれます。社会人として、転職する時やお客様に商品、自分をアピールする時に数字で説明することが必要になってきます。数字に対して、仕事に対しての取り組み方が分かる本です。それを意識出来るかどうかは社会人として大きな差になります。

概要

この本は、営業という仕事を①仮説思考、②確率論、③仕事の因数分解もとに行ったほうがいいと提案しています。

今までの営業の根性論というわけでなく、理論的で初めて営業をする人には後押しになる本です。

 ① 仮説思考 こちらは、顧客の要求が何であるか自分で仮定して営業を行う考えです。それを反復して行うことによって惰性で仕事を行わずに、自分の中にknow-howを取り入れることができるというものです。

②確率論は、新規営業など必ず成約できるわけではないので、いちいち感情的にならずに仕事を行うべしとのこと

因数分解は仕事の工程を分解して、改善箇所を見つける工程です。

営業であれば、アポイント、交渉、アフターフォロー、紹介など仕事を分解して自分の改善箇所を探していく。

 

この3点を繰り返し行う事によって営業を取り組んでいこうと紹介している本です。

営業初めての方などは損にはならない本ですのでよろしければどうぞ。