元契約社員営業が書く。PAYPAYのメリットとデメリット!(事業者様向け) キャッシュレス

 事業主様向け

paypayメリットデメリット

私は2018年7月~2019年3月まで営業をしており、その経験を元に書いていきます。

メリット

決済手数料無料(2021年9月30日まで無料)これは加盟店様が通常クレジットカード会社に支払う手数料で、それが無料なので、加盟店様にとっては現金支払いと変わらないものになります。

利用者側もクレジットカード払いでできるので、ポイントをつけることができるので利用者にもメリットがあります。期限もあるのですが、私のいた時はそれ無料期間以降は3.24%前後を予定しておりますと説明していましたが、おそらく他社も競合していますので、手数料は下がる傾向にあると思います。

入金手数料無料

これは、PAYPAY利用の売り上げをPAYPAYから加盟店様に振り込むときの手数料になります。こちらも2020年6月30日まで無料です。私がいた時は2019年9月まで無料でしたので、無料期間が延長になってます。また詳しくはPAYPAYのサイトを見ていただきたいのですが、ざっくり、入金方法は2通りで、原則月末にしめて、次の月の翌々営業日に入金(2019年11月30日締め→2019年12月3日入金)(土日は営業日でないので、この場合、12月1日が日曜日なので、締めて3日後に入金されます。)

オプションとして、累計売上が1万円超えた段階で、締めて翌々営業日に入金されるプランがあり、仕入れ費用も補えるので有効かと思います。

売上は月末には金額とわず必ず振り込めますので、そのへんは安心してください。

ジャパンネット銀行(ネット銀行)であれば入金手数料永年無料になりますので、一度ほかの銀行で登録して、ジャパンネット銀行に変更(店舗様売り上げ管理サイトから簡単に変更可能)すれば入金手数料は一切かからないのでおすすめです

初期費用、解約金無料。

これはこのままです。お金がかからないということです。

使い方が簡単

QRコードをお店に置いて、お客さんが読み込んで、金額を自分のスマホにうって確認するだけで決済できます。売り上げの確認、売り上げの変更(例えば、金額を打ち間違えて、決済してしまった場合)などは店舗様の売り上げ管理サイトで決済時すぐ反映され、パソコン、スマホから確認する事ができますので安心して使うことができます。また、割り勘機能もあるので、飲食店などの大人数のお会計でも便利です。そして、店舗のQRコードがあり、ネット環境があれば、どこでもお会計できますので、店舗以外で運営するときなども便利です(イベント出店)。

営業人員が多い。

売り上げ管理サイトの登録が面倒、設置がめんどくさいなどあると思いますが、全国の地域ごとに営業がいますので、実際に店舗にきて設置作業をしてくれます。わからないことがあればその都度聞けば解決します。私は正直PAYPAYの強さはここにあると思います。

 

デメリット

利用上限がある(店舗様PAYPAY売り上げ100万円まで)

私がいたころになります。現状はどうかは定かではありません。また、上限の引き上げも可能ですが、法人様は審査で引き上げ可能で、個人事業主様は引き上げ不可ということでした。ですが、正直この辺も対応してくれると考えます。その辺のさじ加減も、上の人があげろと言えば上がりますし、利用売りあげ100万行きそうになったときに相談すれば問題ないと思います。

利用者登録は、本人確認が必要。

これは、利用者が登録するときに本人確認が必要なのでその場で登録が難しいのかなということです。ただ現在はかなり利用者が増えているので、この辺も問題ないかと思います。

 

最後に、私がいたころは、まだ世に知られる前で、PAYPAYとしてもバラマキの段階で

加盟店様にもうまみが1番あったときであると思いますが、今は正直前よりもうまみが減ってきており、逆にPAYPAY使えないので、チャンスロスの原因になってしまう状況かなとおもいます。店舗運営されている方で、このチャンスロスは一番避けたいことなのではないかとおもいます。なので決済手数料無料の2021年9月まで利用してみることがいいのかなと思います。また、営業していて、店舗様からは実際に来てくれたから申し込むなど、実際に伺うことの重要性を改めて感じました。この泥くさい営業が今の現状に至っている要因の一つであるとおもいます。この場を借りて、営業未経験の私から申し込んでくれた加盟店様には感謝申し上げます。素晴らしい経験でした。

何かあればコメントお願いいたします。

 

以上です。長々とお付き合いありがとうございました。

 

 

口臭対策 臭玉は歯の隙間にある!(デジタルフロス) 絶対おすすめ!

私は歯磨き、マウスウオッシュを毎日しているのですが、歯によく食べかすが詰まるので、デンタルフロスを購入して使ってみました。

前歯は隙間が広く、特にゴミが詰まっていなっかったのですが、奥歯をやってみたところ、食べかすがごろっと取れ、いわゆる臭玉の臭いのしたかすが出てきました。

奥歯は、隙間が空いておらず、通常の歯磨きでは取れない部分であると思いますので、一度やってみることをお勧めします。クリニカのY字タイプは奥歯にもしっかり入り込みますのでお勧めです。

臭玉は口の奥にあり、そこから匂うので対策の使用がないのかと思っていましたが、歯の隙間にも同じ臭玉がずっとある状態であることを知ることができました。

要するに食べカスが腐敗したものなのでしょう。

ではこれにて失礼いたします。

  

本書評

この本を読んだ感想

この本は、自分の感情に対しどう向き合うかを考えさせてくれる本です。

例えば、怒りが湧いた時の、考え方であったり、感情は自然に湧いてくるもので、あまり意識してこなかった人に向いている本だと思います。

 

 

ダイエット報告 食事管理

体重79.7kg

体脂肪率26.1%

朝一で測ったので、通常よりも軽い状態かもしれませんが、久しぶりの70kg台に入りました。

 

タイトルの食事管理ですが、これが今までと変え、効果がででいる点です。

単純に食品を買う頻度を週一回スーパーにすることに決めただけです。

それがなぜ食事管理になるかというと、一週間分買うので、一日食べる分量を把握しないといけなくなり、食べる量をコントロール出来る様になります。また、買い出しを一回にする事で、袋2枚が物理的に持って帰れる量なので、一日の食べる量も減らす事ができます。

 

とりあえず70キロ目指してこの生活を続けたいと思います。

 

一人暮らしについて(独断と偏見)(住む場所選び)

実際暮らすにあたって、何が一番大事なのか?

それは、外部環境だと思う。外部環境は変えることが難しい。そして、外部環境によって人間は大きく影響すると思う。

私自身、住む場所選びで一番重要な点として、静かなところという点を重視して、住む場所を選びました。

しかし、実際に住んでみて、失敗したということがありましたので、その点をふまえ書いていきたいと思います。

まず、私が現在住んでいるところは、築30年のビルで不規則な形をしており、住居部分は1階、2階大家さん(たぶん、ビル名と表札一緒、管理会社の人もそのようなことを言っていたため)現在だれも住んでいない状況。3階部分に3世帯住むところがあり、右側2世帯、左1世帯となっている。私は左側ですので、実質お隣さんがいない状況で、騒音の心配がないので選んだ次第です。私の条件にかなりマッチした物件でした。しかも、洗濯機、冷蔵庫のおまけ付き。

さて、本題の実際住んでみると、まず、隣マンションの子供の泣き声、まあこれは許せます。しょうがない。子供ですから。ただ、同じ3階の右側部分におばあちゃんが住んでいるのですが、そこのお世話している息子さんが結構な頻度あがってくるのですが、言葉使いが荒い、玄関の開け閉めがうるさいです。住んでいるエリアも都内の下町エリアなので、そういう気質な人が多い。そして、その人は自分の親に、おい、てめーとけっこうな声でいいながら玄関あけて入っていきます。それどうなの?というかんじです。人様のことなので何とも言えませんが、おばあちゃんも高齢で、一人では階段上り下りできなく、その方は介護されているのですが。何とも言えない気持ちになります。

また、目の前に、精神病院があるのですが、その裏側が、私の家の目の前になります。そしてそこでスタッフ?のかたが喫煙されるのですが、まあ話したり、わらったりするのは全然いいですよ。煙草を吸うのもいいです。ただ、ものすごい勢いでせき込む人がいます。尋常じゃないくらい。はっきり言って異常です。ヤクザのようにおもいっきり恫喝するときくらい大きな音を出して、せき込みます。せき込むことによってストレスを解消しているような感じです。

 

ホントにそれがうるさすぎて、その病院に、2度、その本人に1度注意しましたが。一向に治りません。

要するに人は変わらないということです。いや、人を変えることはできないということです。変えることができるのは自分だけ。

 

なので結論。

① 住む場所は、住んでいる人を見よう!好きなとこにすもう!

そこに住んでいる人が自分に合っているか考えてみよう。コンビニでもいいですし、住む予定の近くの飲食店などに入ってみて接してみることが大事であると思います。私はコンビニはセブンがすきなのですが、近くにはファミマがあります。今後違うとこに住む場合、コンビニがあるならばセブンのちかくにしようと思います。結構マジです。

② 1度周りを見てみよう!

自分の住む予定の場所に何があるのか?例えば居酒屋、コンビニなど考える必要があります。私の場合、精神病院は目の前で、そこまで考慮に入れていませんでしたが、今になっては後悔しています。実際に良好な県警を築けないとや精神的に厳しいです。

 

物件も大事ですが、やはり周囲の環境のほうが大事です。そして大手の不動産よりも地元の不動産屋のほうが、間違いなくそういった情報が強いです。なので一度地元の不動産屋さんで物件を探してみることもありだと思います。

 

長々と愚痴を書いてしまいましたが、昨今近隣トラブル、騒音トラブルで刺されたなどの事件もよく聞くようになっています。感情的に腹が立つというのも正直わかります。ですので、自分が加害者、被害者にならないために、今一度自分の住むところを考える必要があるのではないかと思います。

 

皆さまの少しでも役になれば幸いです。失礼いたします。

 

 

書評(営業 著者 冨田和成)新社会人にオススメ

 

 

 新規営業を始めてしてた時に、役に立った本です。この本は、仕事への取り組み方も勉強になります。何故なら売上など数字にこだわった仕事への取り組みを教えてくれます。社会人として、転職する時やお客様に商品、自分をアピールする時に数字で説明することが必要になってきます。数字に対して、仕事に対しての取り組み方が分かる本です。それを意識出来るかどうかは社会人として大きな差になります。

概要

この本は、営業という仕事を①仮説思考、②確率論、③仕事の因数分解もとに行ったほうがいいと提案しています。

今までの営業の根性論というわけでなく、理論的で初めて営業をする人には後押しになる本です。

 ① 仮説思考 こちらは、顧客の要求が何であるか自分で仮定して営業を行う考えです。それを反復して行うことによって惰性で仕事を行わずに、自分の中にknow-howを取り入れることができるというものです。

②確率論は、新規営業など必ず成約できるわけではないので、いちいち感情的にならずに仕事を行うべしとのこと

因数分解は仕事の工程を分解して、改善箇所を見つける工程です。

営業であれば、アポイント、交渉、アフターフォロー、紹介など仕事を分解して自分の改善箇所を探していく。

 

この3点を繰り返し行う事によって営業を取り組んでいこうと紹介している本です。

営業初めての方などは損にはならない本ですのでよろしければどうぞ。

 

 

 

 

リボ払いを使ってみて(失敗談・反面教師)リボ払い警報!

 

クレジットカードを使っていると、リボ払いに変更しませんか?という案内がやってきます。なんとなくリボ払いは駄目だと認識があり、使わないようにしていました。

ただ、今年の5月、私の使っているカードは後払いにしませんか?と案内が来ており、支払いも多く、無職の状況だったので使ってみることにしました。これがリボ払いの事だと後から認識いたしました。後払い金額は60301円になります。まあ翌月に支払いがあるのだろうと思いそこまで気にしておりませんでした。

恥ずかしながら9月になって、あの時の後払いどうなったっけ?と思いサイトを確認してみると・・・・・・・・・・・・・・

 

やってしまいました。

 

まずは後払いの、支払いをご覧ください

6月 元本 60301円 弁済金? 5000円 手数料 904円

7月 元本 55301円 弁済金? 5000円 手数料 829円

8月 元本 50301円 弁済金? 5000円 手数料 754円

9月・・・・・

 このような感じで、後払いに元本から毎月5000円ずつ支払う設定になっており、年利でいうとおよそ18%の利息(手数料)を支払う計算になります。このまま支払っていくと完済時の、手数料で5902円支払う予定になります。

 なるほど、カード会社にとってはこれはおいしい商売だなと感じました。通常カード会社の利益の基本はカード手数料からなっており、カード手数料とは、小売り業者に消費者がクレジットカード払いで利用時、その支払金額のうち数%(現在およそ3%)を小売業者から手数料として払ってもらってもらうものである。カード手数料に比べ、利用者が、後払いにクリック変更するだけで、年利18%の利息がはいいてくるなんて、会社にとってはこの上ない機会である。しかも、基本設定が5000円など低設定にしておけば、ほとんどの人が支払うことが可能であり、未回収のリスクが限りなく少ない。消費者金融などのように契約も必要ない。

 

今回、私にとって良い勉強になったということで、この勉強代として手数料をお支払いした。リボ払いをするにしても自分で分かったうえで選択していく必要があるのでしょう。私のように、無知で手数料を無駄に支払うような人がでないことを望みます。

 

ありがとうございました